【アンサング・シンデレラ】見逃し配信・無料動画まとめました

『アンサング・シンデレラ』の見逃し配信・無料動画まとめ

最新話(第1話)の無料見逃し配信しているサービス一覧

『アンサング・シンデレラ』の動画配信サービス一覧

『アンサング・シンデレラ』のあらすじと感想

※ネタバレを含みます。まだ見てない人は気をつけてくださいね。

第1話

放送日:未定
あらすじ

葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。

心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。

羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。これが林とみどりの因縁に…。

公式サイトより引用

『アンサング・シンデレラ』の番組情報

『アンサング・シンデレラ』ってどんなストーリー?

荒井ママレさんの『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』が原作で、病院薬剤師を主人公としたドラマです。病院薬剤師にスポットをあてたドラマは初めてなんじゃないでしょうか。

病院に行くと、医師がカルテに処方薬などを書き込んで、それに基づいて薬が処方されますが、病院薬剤師はその処方箋に異議を唱えられる唯一無二の存在。患者にとってはまさに「最後の砦」。でも決して脚光を浴びることはありません。だから「アンサング=称賛されない」シンデレラなんですね。

※ unsung hero = 縁の下の力持ち

主人公の葵みどり(石原さとみさん)は、キャリア8年目の薬剤師。患者一人一人と正面から向き合うことを信念としていることから、処方内容に不審な点があれば遠慮なく疑問点を問い、意見することもあります。そのため医師やほかの薬剤師と対立することも。

原作の葵みどりよりも数年キャリアを積んでいる設定なので、原作のがむしゃら感だけではなく、冷静な判断や周囲とのバランスなどを石原さとみさんがどのように演じるかも注目です。

一般的にはあまりなじみのない病院薬剤師の奮闘をリアルに描写したヒューマンストーリー。原作は医療従事者を中心に称賛の声があがり、現役の薬科大学生の間では薬剤師の現状を知るバイブルとなっています。脚本は「グランメゾン東京」の黒岩勉さん。原作の魅力を生かしながら、どのような世界観を築くのか楽しみです。

『アンサング・シンデレラ』の放送情報

放送局放送時間放送開始日
フジテレビ木 22:00未定

『アンサング・シンデレラ』のスタッフ情報

【原作】
『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』
荒井ママレ/医療原案:富野浩充
(『月刊コミックゼノン』連載/コアミックス)
【脚本】
黒岩勉
【主題歌】
DREAMS COME TRUE「YES AND NO」
【音楽】
信澤宣明
【プロデュース】
野田悠介
【演出】
田中亮、相沢秀幸
【制作著作】
フジテレビ第一制作室
【公式サイト】
https://www.fujitv.co.jp/unsung/
【Twitter】
https://twitter.com/unsung2020

『アンサング・シンデレラ』のキャスト一覧

萬津総合病院薬剤部
葵みどり(32):石原さとみ
キャリア8年目の薬剤師。病院内の薬剤師になる夢をかなえ、できる限り患者に寄り添おうとする。新薬は必ず味見することから羽倉に「薬オタクの変態」と言われる。
相原くるみ(25):西野七瀬
新人薬剤師。なりたかった職業でない上、この仕事の病院内での縁の下の力持ち要素の高さに驚く。
刈谷奈緒子(36):桜井ユキ
主任薬剤師。調剤のプロフェッショナルと呼ばれるクールな仕事人。秘めた熱い思いも持つ。
羽倉龍之介(28):井之脇海
キャリア3年目の薬剤師。ムードメーカーだが人知れず悩みを抱える。
工藤虹子(29):金澤美穂
キャリア4年目の薬剤師。噂話が好物で、病院内の情報通でもある。
販田聡子(50):真矢ミキ
部長。個性の強い部下たちを明るくまとめているが、上司としてもしたたかさも併せ持つ。
瀬野章吾(37):田中圭
副部長。デキる男だが、口が悪く、新人時代の葵の指導係だったこともあり特に厳しい口調で接する。
七尾拓(49):池田鉄洋
副部長。地検管理担当でほかの薬剤師と一線を画す、ちょっと不気味な存在。
荒神寛治(68):でんでん
DI(ドラッグインフォメーション)室の責任者で調剤魔術師の異名をとるベテラン薬剤師。手品も得意。
その他
小野塚綾(27):清原翔
葵と「娘娘停」で出会い、彼女が病院薬剤師であることに興味を示す青年。
辰川秀三(42):迫田孝也
中華料理「娘娘停」の店長。

木曜劇場

放送期作品名
2020年グッド・ドクター
アンサング・シンデレラ
アライブ がん専門医のカルテ
2019年モトカレマニア
ルパンの娘
ストロベリーナイト・サーガ
スキャンダル専門弁護士 QUEEN
2018年黄昏流星群
グッド・ドクター
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
隣の家族は青く見える

-クールドラマ, 2020年春
-,

画像の右クリックは禁止してます

Copyright© alsace cinemas , 2020 All Rights Reserved.