【リッチマン、プアウーマン】見逃し配信・無料動画まとめました(再放送/ブレイクマンデー24)

リッチマン、プアウーマン

若くしてIT企業を作り上げ億万長者となった社長と、高学歴ながら内定がもらえず就職活動に奔走する女子大生が、衝突を繰り返しながらもお互いに成長し惹かれ合うラブコメディ。

ラブストーリーの側面も強いけど、日向のビジネスに対する考え方や困難に挑戦する姿に感動します。あと石原さとみさんの可愛さが爆発してます。

しお
『リッチマン、プアウーマン』を無料で視聴できる動画配信サービスを中心にお届けします。

『リッチマン、プアウーマン』が全話見放題
\おすすめ動画配信サービス/

FODプレミアム
  • 無料期間中に解約すればタダで見れる
  • 無料期間は 2週間
  • 最終回までイッキ見できる
  • 続編『リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク』も見れる
  • ドラマもバラエティも 約4万本 が見放題
  • CMなくてストレスフリー

\登録はカンタン♪わずか3分/

無料視聴をはじめる

解約はWEB上で簡単にできます

『リッチマン、プアウーマン』の見逃し配信・無料動画まとめ

最新話(第11話)を見逃し配信している無料サービス一覧

TVerやGYAO!などの無料配信は2020年09月22日に終了しました。

しお
無料で見たい人は動画配信サービスのおためし期間を利用するとタダで見れますよ。

TVerやGYAO!などの無料配信サービスは最新話だけなので、見逃してしまった過去回を見ることはできません。

そこで『リッチマン、プアウーマン』の第1話から全話を無料で視聴するには動画配信サービスの<無料お試し期間>を利用します。

しお
おためし期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

『リッチマン、プアウーマン』の動画配信サービス一覧

各動画配信サービスの『リッチマン、プアウーマン』の配信状況をまとめました。

配信サービス 配信形態 料金(税込) ダウンロード 倍速再生
FOD 見放題 2週間 無料
976円 /月
× ×
ひかりTV 見放題 最大2ヶ月 無料
2,750円 /月
×

配信情報は 2020年9月16日時点のものです。現在の配信状況については各サービスのホームページかアプリでご確認下さい。

『リッチマン、プアウーマン』全話視聴にベスト動画配信サービス

FODプレミアム
無料期間配信形態月額料金(税込)
2週間 見放題 976円

FODプレミアムがベストな理由

  1. 無料期間が 2週間
  2. フジテレビの番組に圧倒的な強さ
  3. オリジナルドラマも豊富
  4. 毎月 100ポイント (総計1,200ポイント)もらえる(マンガ購入やレンタルに)
  5. 漫画や小説も17万冊以上配信されている
  6. 120誌以上の雑誌が追加料金なしで読み放題

FODプレミアムで無料視聴する

他の見放題サービスと比べてみる

FODプレミアムと同じ見放題作品で『リッチマン、プアウーマン』が見れるひかりTVと比較してみました。

  FODプレミアム ひかりTV
料金 976円 2,750円
無料期間 2週間 最大2ヶ月
視聴開始 登録後すぐ 機器の設置
(約1週間)
作品数 約4万本 約24,000本
雑誌読み放題 追加料金なし 追加料金
990円/月

ひかりTVはココがダメ

  • 作品数が少ないわりに高額
  • 機器の設置が面倒
  • 申し込んでから視聴に1週間かかる

だから

『リッチマン、プアウーマン』を見るなら
FODプレミアムが最適♪

\ 2週間 タダで見放題/

今すぐ無料で観る

『リッチマン、プアウーマン』のあらすじと感想

※ネタバレを含みます。まだ見てない人は気をつけてくださいね。

第1話
資産250億の男と就職難民女の最低最悪の出会い

放送日:2020.7.6
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第1話の見逃し配信は、2020年07月13日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第1話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

日向徹(小栗旬)は、29歳にして時価総額3000億円とも言われるIT企業「NEXT INNOVATION」を率いる注目の若手社長。日向に可能性を感じた朝比奈恒介(井浦新)が会社設立を持ちかけて、8年前に大学が開放した古い学生会館の一室から会社をスタート。瞬く間に成功を収めた。

一方、澤木千尋(石原さとみ)は、東京大学理学部という学歴ながら就職が決まらず面接に奔走する日々を送っていた。そんなある日、面接に向かう途中で、「NEXT INNOVATION」が入る高層ビルが目に止まった。ハイセンスな職場と、そこで働くオシャレな人々。就活用のスーツに履き古しのローヒール姿の自分とは何かが違う、とため息をもらす。

そのころ、日向は朝比奈と取締役の山上芳行(佐野史郎)を前に、戸籍をインターネット上で管理するシステムを作る計画を明かした。日向は、国が着手する前に自分たちがやるんだと意気込むが、山上は、初期投資だけで会社の金が吹き飛んでしまうと難色を示す。

数日後、千尋は「NEXT INNOVATION」の会社説明会にやってくる。学生で埋め尽くされた会場の最前列に千尋が座ると、ステージに日向が現れた。そんな日向を舞台袖から朝比奈が見守っていると、朝比奈の妹の燿子(相武紗季)も様子を見に来る。

日向は、自分の話を終えると、学生に質問を始めた。最前列の端から指名する中、ついに千尋の番になった。いきなり内定数を聞かれた千尋は、正直にゼロだと明かした。すると日向は、東大卒でも内定がもらえない時代なのか、それとも千尋によっぽどの欠陥があるのかと、千尋を値踏みするように見て・・・。

FODプレミアムより引用

感想

就活時代を思い出しました。エントリーシートが本当に大変で、私は文系だったから4年生で授業はほとんどなかったから何とかなったけど、ドラマのように理系だと本当に大変なんだろうな。レポート、試験、就活…

日向にブランド物をばかばか買ってもらうシーンがまさにプリティウーマンって感じ。女性の多くが金持ちと結婚したがるのがよくわかるよ。あんな体験いつもできたらそれはそれは幸せそうだ。

日向に秘書は付いてないと思うけど、真琴が秘書になれば完璧な気がする。一週間前に会った局長のなんとかかんとかさんなんてよく調べ上げてるし、NEXT INNOVATIONが政府の仕事を受注したり、大企業に成長していくためには日向の名前と顔が覚えられないのは致命的な気がするよ。

最後の事務次官につい言ってしまった一言、自分が役に立っていることが本当にうれしくてポロっと出ちゃったんだろうね。でもそれが地雷だった… うん、最悪。日向が怒鳴り散らすのもわかるけど、言い過ぎたと反省してフォローしようとするあたり、人間らしいところがあるんだなって笑

真琴はどうして澤木千尋の名前を語っているんだろう。日向を調べ上げて「澤木千尋」という名前に食いつきそうだと思った??そんな単純なものでもなさそう。

第2話
動き始めた運命!嘘つきは恋の始まり

放送日:2020.7.13
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第2話の見逃し配信は、2020年07月21日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第2話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

日向徹(小栗旬)は、澤木千尋(石原さとみ)を「NEXT INNOVATION」に来させると、総務省の藤川事務次官(大地真央)から呼び出しがあったと告げる。昨日の今日で連絡があったのは、藤川がよほど千尋を気に入ったからだ、と徹は言うが、千尋は自分の都合などお構いなしの徹に不満をこぼす。徹は意に介さず、日当と成功報酬を払う、と事務的に言い放つ。その後、藤川との面会が無事終わった帰りのタクシーの中で、徹は大量の資料を千尋に渡し来週までに覚えて来い、と命じる。そして、車を停めると自分は用事があるからと言って、千尋を降ろした。そのとき千尋は、昨夜、徹の車中に靴を忘れた事を思い出し、返してほしいと頼む。徹は、財布から1万円札数枚を取ると、あれは捨てたから新しいものを買え、と差し出す。悔しい千尋は、「お金があると人は変わるんですね」と言い捨てると、金を受け取らずに立ち去った。

同じ頃、朝比奈恒介(井浦新)は、バーで山上芳行(佐野史郎)のグチを聞いていた。酒に酔った山上は、代表取締役である徹の解任決議を出そう、などと言う。そんなところへ、レストランの仕事を終えた朝比奈燿子(相武紗季)が入ってきて、徹はいないのか、と聞く。一方千尋は、就職試験を受けていた部品メーカーから最終面接の通知を受け取って喜ぶ。

その頃、徹はなじみの禅寺にいた。僧侶の笛木匡正(中原丈雄)に、自分の母親と同姓同名の人物が現れたと明かしていた。他人とわかりながらも、母と同じように失うのが惜しくて、口実をつけて引き留めているのだ、と言い・・・。

公式サイトより引用

感想

失敗に終わったと思われた総務省の仕事が千尋の熱意と日向の戦略で藤川事務次官も認めざるを得なくなった回でした。

やっぱり石原さとみさんが可愛すぎる!私がはじめて石原さとみさんを見て「うぎゃー可愛すぎる!!」と思ったのは失恋ショコラティエ。その2年前のドラマ。この頃から可愛いが爆発してたんですね。

前回は失言で藤川事務次官を怒らせてしまったけど、今回は大学生ってことがバレちゃって大変。ネクストイノベーションは今後政府の会合に出入り禁止とまで言われてしまいます。

千尋は何日も何日も総務省の前で藤川事務次官に謝罪と日向想いは本物だってことを伝えて、やっと藤川事務次官も話を聞いてくれるまでになった。しかも話が進んでる!

その裏では日向が「自分のやり方でいく」といって、藤川事務次官の前で一瞬で年金記録を個人情報と結びつけるデモンストレーションをやってみせて、「新しいものの実力を認めて上手く使うのが賢い人ではないですか?微々として進まない仕事にイラついてるのはあなた自身でしょ?」という言葉と実演に藤川事務次官も認めざるを得なかった、という出来事があったわけだけど、その前提に藤川事務次官のお気に入りの千尋の熱意があったことは言うまでもないですね。

会合を進める条件として、千尋をインターンとして働かせるって条件をつけてきたくらいだから。

日向は口も態度も悪いし、人の気持ち考えなさすぎだけど、やっぱり千尋のことが気になって仕方ないんだね。母と同じ名前だからなのか、千尋自身が気になるのかは、まだまだこれからって感じ。

朝比奈さんは千尋の良き理解者ポジションだけど、何か企んでそうなんだよね。こういうIT企業のドラマでは乗っ取りが定番だけど、日向がいてこその会社っていうのを自覚してるし、2番手のポジションに満足してそうなんだけど…

妹の燿子は完全に日向狙いだから、今後真琴のライバルになるのは間違いなさそう。今回の役は相武紗季さんに似合っててカッコいい!

それにしても真琴と千尋ってどういう関係なんだろう。

第3話
明かされた過去 恋が壊れるとき

放送日:2020.7.20
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第3話の見逃し配信は、2020年07月27日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第3話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

日向徹(小栗旬)は、バイクの後ろに朝比奈燿子(相武紗季)を乗せてNEXT INNOVATIONに戻ってくる。バイクから降りた燿子は、それを目撃した澤木千尋(石原さとみ)に、偶然だと声をかけた。

そんな折、日向は千尋に名刺が入った箱を差し出す。社員でもないのに、と戸惑いながらも、自分のアバターが印刷された名刺を日向が作ってくれたことが嬉しい。しかし、印字された名前を見た千尋は、「澤木千尋」が偽名だとはますます言い出しにくくなる。千尋からそう聞いた親友の小野遙香(野村麻純)は、以前から日向を知っていたのか、と聞く。千尋は、自分が高校生の頃、日向と出会った話を始め・・・。

翌日、千尋が定時前に出社すると、社員たちはすでに出社し熱心に仕事をしていた。焦った千尋に、安岡倫哉(浅利陽介)は、今日が「デスメールの日」と呼ばれる契約更新の日だからだと説明。プログラマーらは、3カ月ごとに契約を延長するが、契約更新できなければ日向から解雇通知のメールが届くのだという。早速、デスメールが届いた社員が、朝比奈恒介(井浦新)に泣きついていた。さらに、会社のホープといわれる坂口(中野裕太)にもデスメールが届く。怒った坂口は、日向と朝比奈に食ってかかるが一蹴されてしまう。

その後、日向は千尋に解雇した社員たちの不要書類を廃棄処分させる。その中に、ほとんど使っていない名刺を見つけた千尋は、日向のやり方を悪趣味だと批判。それを聞いた日向は・・・。

FODプレミアムより引用

感想

今回は「デスメール」でクビになった社員の再起と澤木千尋が偽名と明かされた回でした。

真琴と本物の澤木千尋さんは同郷で、かつ何でも話せる定食屋の女将とお客さんって間柄だったんですね。親にも言えないような相談をよくしていることから、ずいぶんと親しい間柄だということが伺えます。

それで真琴の実家が営んでいる旅館に若き日の日向が泊まっていたってことも判明。お母さんを探しに来ていたんだけど、澤木千尋から母親だということを明かさないように念を押されていた真琴は結局、日向には言えずじまいでした。だから「澤木千尋」という名前が日向の気を引くことを知っていたんですね。

朝比奈さんに「それは言うべきじゃね?」的なアドバイスをされたけど、なかなか切り出せず。酒の勢いで言おうと思っても言えず。だけどついポロッと言ってしまう。真琴らしさが出ていた暴露でした。

日向は「二度とオレの目の前に現れるな!」と怒りをあらわにしています。せっかく坂口の件で真琴のことを見直していたのに…

その坂口ですけど、ボーナス3000万円ももらっている若手のホープ。誰もが坂口にデスメールは来ないと思われていたのに、坂口に届いた。

日向に「なぜだ!」と詰め寄るも、一蹴されてしまいます。でも坂口もわかってはいたんですよ。自分が生み出した人気ゲームは学生時代に作ったもので、それ以来ヒット作は作れていないってことに。日向に憧れているものの、自分は日向にはなれないって。

自分なら他の企業でも引く手あまたなはず。でも現実はどこも雇ってくれない。だから真琴に頼んで必死に作ったゲームを日向に見てもらうわけです。できれば再就職させてくれないかと願って。

そのゲームを見て悪くないと思っているものの、再雇用する気はないという日向。真琴はそんな日向に「せめて悪くないって声をかけてあげてくれ。自分たちのような不安な人間は尊敬できる人物からの大丈夫という言葉に救われる」と言います。

日向は坂口を呼び、スポンサーになるから会社を作れと提案します。坂口は追い詰められてこそ能力を発揮する人間だと理解しているし、期待の現れなんでしょう。そして「お前のアイデアはおもしろい。お前なら大丈夫」その言葉に坂口は涙を流し、必ずやり遂げると誓いました。

この一件で真琴のことを少し見直した日向ですが、偽名の告白で二度と顔を見せるなと言われてしまったというわけです。

日向って掴みどころのない人間ですね。ダメだと思っているときは何をしてもダメですし、かといって評価を覆せる度量もある。完全成果主義は確かに平等ですけど、クビはかなりキツイ。生きた心地しないでしょうね。NIの社員は。私みたいな人間には厳しすぎる会社です。。。

第4話
キスでよみがえる、忘れられた恋

放送日:2020.7.27
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第4話の見逃し配信は、2020年08月03日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第4話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

日向徹(小栗旬)が進めるパーソナルファイル管理システムの開発が遅れ、日向はいらだっていた。さらに、大手家電メーカーも同システムへの参入を表明、「NEXT INNOVATION」は正念場に立たされる。

一方、日向にクビを宣告され落ち込む澤木千尋(石原さとみ)に、小野遙香(野村麻純)は、日向に謝るなり償いをするなり、何か行動を起こすべきだと忠告する。

朝比奈恒介(井浦新)は、千尋をクビにしたのはまずかったのでは、と言うが、日向は国民の個人情報を預かろうとしている会社に偽名を使う人間を置いておくことはできない、と平然と返す。

そんな折、千尋は区役所に出向くと、そこにいた人々に役所や公的機関で不便に感じていることはないか、数年後に導入される「共通番号制度」に求める機能はないか、と聞き込み調査を行う。

日向は、自分が望むようなシステムができないことに腹を立て、自ら作成すると言いオフィスに閉じこもる。42時間が過ぎた頃、見かねた安岡倫哉(浅利陽介)が日向を外に連れ出すと、そこで朝比奈燿子(相武紗季)と出くわす。仕事で切羽詰まっていたふたりは、ともに休憩を取ることにし・・・。

そんな折、調査を続けていた千尋は、振り込め詐欺を疑われ、警察に連行されてしまう。深夜、警察から連絡を受けた日向はしぶしぶ千尋を迎えに行き、オフィスに連れて帰る。オフィスでふたりきりとなった日向と千尋は・・・。

FODプレミアムより引用

感想

澤木千尋の偽名の件でクビになってしまったけど、パーソナルファイル管理システムはNIにいるようなパソコンに慣れ親しんだ人間が使うわけではなく、誰でも簡単に使えなければならないということを日向に気づかせたおかげで、再雇用してもらえたっていう回でした。日向と燿子の恋にも進展がありました。

NIのモットーは「今までにないものを作る」なので、いくら家電メーカー大手が参入してこようと、パッと見ただけで高機能かつ先進性があって使いやすいシステムを作れるNIが負けるわけがないとタカをくくってますが、パーソナルファイル管理システムのような大多数の国民が利用しようとするシステムはシンプルで簡単じゃなければならないから、NIのような先進的なモノを作れる企業は分が悪いように感じます。

ただ、今までの古臭いシンプルなインターフェイスが誰でも使いやすいのか、というとそうでもないので、パスワード入力にしたって、日向が考えた写真をなぞるシステムのような先進的だけど誰でもわかりやすいというシステムはいいですよね。

それに気づかせた真琴もすごいと思うんですが、そのきっかけが身元保証人って笑

真琴はつぐないのためか、実際に使う人々にアンケートをとっていたんです。役所で不便なところありませんか?って多くの人に聞いてまわってたけど、それがお巡りさんにオレオレ詐欺じゃないかって疑われてしまって、しかもタイミングよくおばあちゃんが「通帳がない!」って叫ぶもんだから。

真琴は仕方ないからクビになったNIで働いていたこと、朝比奈に迎えに来てもらうことを取り調べで伝えたところ、迎えに来たのは日向。夜中の1時ですからね。日向が会社に残ってただけマシですかね。

そんなこんなで晴れて復職できた真琴が日向に「(澤木千尋の居場所を)知ってるのに知らないって言ってしまったことがずっと気になっていた」と言うも、「僕は君を知らない」慌てて「僕は病気で…」と言いかけるも、ダサい、何ムキになってるんだと思ったのか、止めてしまいました。真琴は「そう…ですよね」と落ち込んでしまったんだけど、真琴は日向の病気のことを知らない?安岡が真琴に伝えていたと思ったけど。

日向と燿子にも動きがありましたね。燿子は「あんなに楽しい2時間はなかった」と言ってたのはワンナイトラブだったようです。夜行列車で意気投合した2人は途中の駅で降りて…1年後、この気持が本物だったらもう一度会おうって別れたみたい。

日向は1年後に会いに行ったことを思い出したけど、燿子は「私は行かなかった」でも「ずっと待ってた」と言ってチュー。なになに?行かなかったのにずっと待ってた?どういうこと?それをこっそり見てる真琴もタイミング悪すぎ。というか、今回の石原さとみちゃん可愛すぎ。

第5話
あなたを支えたい・・・二人で迎えた朝

放送日:2020.8.3
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第5話の見逃し配信は、2020年08月10日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第5話を無料で見たい方はこちら

あらすじ・ネタバレ

日向徹(小栗旬)がエレベーターに乗ると、そこに夏井真琴(石原さとみ)がいた。沈黙のなか、真琴の脳裏には日向と朝比奈燿子(相武紗季)のキスシーンがよみがえる。途中の階で燿子も乗り込んできて、激しく動揺した真琴は、適当な階で降りてしまう。残された日向と燿子の間にも気まずい空気が・・・。

そんな折、日向が進めるパーソナルファイルの運用実験を、ある農村で行うことになった。協力するのは、世界が注目する工業デザイナーでありながら突然引退し、故郷でトマト栽培をしている青山誠人(片岡鶴太郎)という人物。彼は偶然にも真琴のメル友でもあった。

何者かに尾行されている気配を感じ始めていた朝比奈恒介(井浦新)は、ある日、階段から突き落とされ重傷を負う。病室に朝比奈を見舞った日向は、怪我を気遣いながらも「NEXT INNOVATION」の社員だった遠野秋洋(綾野剛)に会ったと報告する。

数日後、日向、真琴、小川智史(中村靖日)により農村で運用実験を開始したが、反応がない。住民たちがパソコン操作を嫌っていたのだ。思わぬ落とし穴に苦心する中、ライバルの大手家電メーカーがNEXT INNOVATIONを大きく上回る規模のシステム開発チームを立ち上げた、とのニュースが飛び込んでくる。

そんなある日、朝比奈から燿子に渡すよう頼まれた書類を持ってレストランを訪れた真琴は、燿子の隣にいる笑顔の日向を目撃して・・・。

感想

今回は逆境に次ぐ逆境で、NIというより日向徹が窮地に立たされた回でした。

パーソナルファイルの運用実験を小さな農村で行って、その満足度の高さで総務省に納得させようという案でしたが、肝心の村人たちはパソコンが満足に使えないし、今あるものを変えたくないという人たちばかりで、まともに運用データが集まりません。

協力したのは日向が尊敬する工業デザイナーの青山という人物。この人はデザイナーを引退して故郷でトマト栽培をしてるんですが、偶然にも真琴のメル友。「まこと会」っていう同じ名前の人が集まるコミュニティの友人だったんです。こんな偶然があってたまるか笑

困難に直面する日向、側に行こうとする真琴に「一人にしてやれ、今は考えることが必要な時期だ」そうアドバイスします。この人はボールペンを今の形に作り変えた張本人。最初はものすごい抵抗があったそうです。ものづくりは必ず失敗がつく。受け入れられない。それがものづくりのスタートだ。真琴づてに日向にアドバイスを贈ります。

すごくおちゃらけてるけど、第一線で戦い続けて世界に認められた男。本物ですね、やっぱり。それを演じるのが片岡鶴太郎さんってところがまたよかった。

一難去ったかと思いきや、また一難。今度は朝比奈が裏切ります。

NIの創業メンバーだった遠野という人物と手を組み、資金調達に日向の株を売却して充てさせることに成功。今や筆頭株主は朝比奈になってしまいました。日向はどっちが筆頭株主だろうと二人はパートナーなんだから問題ないというスタンスですが、朝比奈はどうやら違うみたい。おそらく乗っ取りを計画してると思う。その証拠に、遠野が辞めるときに仕込んだプログラム?かなにかでNIにある500万人分の個人情報を流出させ、次回でおそらく日向に責任を取らせる気でしょう。ショックだな。。。朝比奈さん。

遠野を演じてたのが綾野剛さん。若い!

こうやって書いてると真琴の出番が少なそうに感じますけど、ガンガン出てますよ。帰りの飛行機の中で日向が真琴に肩にもたれかかって寝ている時の真琴の表情とかヤバいくらいかわいいです。

好きっていうよりも、側にいて支えたいっていう気持ちが強いのか、燿子と日向の関係を気にしているのか、どこか自分なんかが好きになっても仕方ないっていう印象をもっているみたい。日向の方は今回の農村で少し気になり始めたかな?ってくらいだけど、どちらかといえば燿子のほうが気になっている様子。ガンバレ!真琴!

第6話
消えた三千億円 そのとき君はいない

放送日:2020.8.10
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第6話の見逃し配信は、2020年08月17日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第6話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

日向徹(小栗旬)は、個人情報流出の件で会見を開く。流出経路は警察の協力を得て調査中だが、外部侵入の形跡はない、と日向は淡々と報告した。しかし、株主総会が迫る中、株価は下げ続け、社員たちの間に動揺が広がる。

大量の個人情報を持ち出せたのは、最近「NEXT INNOVATION」に在籍した者以外ありえないとの結論から、社員たちの検閲が行われることに。監視カメラなどを確認するが、疑わしい人物は浮上しない。

そんな折、山上芳行(佐野史郎)は、流出騒動が収まるまでパーソナルファイルの件は保留だと発言し、夏井真琴(石原さとみ)に総務省に流出騒動の件の探りを入れるよう指示。すると、朝比奈恒介(井浦新)が、あと2週間で契約が終わる真琴には任せられないと言う。真琴は、自分にやらせて欲しいと頼むが、日向にも一蹴されてしまう。

一方、レストランの客入りが思わしくない朝比奈燿子(相武紗季)は、余った食材を使った料理教室を発案。ライバルのシェフ・乃木湧太(丸山智己)にメニュー考案を依頼する。

株主総会の準備に追われる真琴は、そんな燿子と鉢合わせる。日向との関係が気になる真琴は、動揺するあまり燿子が日向の妻となれば鉄壁だ、と口走る。

株主総会で責任を追求され、自宅で落ち込んでいた日向は、真琴の携帯を鳴らすが、オフィスで朝比奈と2人きりの真琴は気づかない。そのとき、日向の部屋のチャイムが鳴って・・・。

FODプレミアムより引用

第7話
社長交代・・・!?さようなら愛しき人

放送日:2020.8.17
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第7話の見逃し配信は、2020年08月24日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第7話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

日向徹(小栗旬)は朝比奈恒介(井浦新)、山上芳行(佐野史郎)とともに業務停止命令を受けた「NEXT INNOVATION」にいた。倒産の可能性もある中、現金調達方法について議論するも、覇気のない日向。そんな日向に、朝比奈は夏井真琴(石原さとみ)に迫ったがフラれてしまった、などと水を向ける。

そこへ、休暇を取らされていた社員たちがやってくる。真琴は日向のオフィスを訪ねるが、いきなり「嘘つき女」と言われる。自分が電話に出られなかったことを言っているのだと察して謝罪する真琴。しかし、日向も真琴から折り返しをもらったとき、朝比奈燿子(相武紗季)と抱き合っていたことが脳裏をよぎり、気まずい。

そんな日向に真琴は、あなたには敵も多いが、自分たちのような味方もいるのだから、虚勢を張ってでも安心させてほしい、と語る。その言葉に慰められた日向は、自分の株を現金化して個人情報を流失してしまった500万人へ謝罪金を出すことを思いつく。日向はそんな自分のやり方は間違っているのか、と朝比奈に聞く。朝比奈から、お前のやり方を疑った俺が間違っていたと、逆に背中を押された日向は会社の再建を誓う。

そんな折、真琴のもとに大手製薬会社から研究員としてのオファーが舞い込む。突然の内定に喜びつつも、日向のもとを離れるのが辛い真琴。日向と2人きりになった夜に、あなたのもとで働きたい、と告白してきた真琴に日向は・・・。

FODプレミアムより引用

第8話
全てを捨てて君と・・・ 明日への旅立ち

放送日:2020.8.24
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第8話の見逃し配信は、2020年08月31日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第8話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

辞任会見を終えた日向徹(小栗旬)は、朝比奈恒介(井浦新)に、全部お前がやったことなのか、と詰め寄る。それを認めた朝比奈は、自分が徹を甘やかしすぎた結果こうなったんだ、と冷たく言い放つ。さらに、山上芳行(佐野史郎)からパーソナルファイル事業の所有権は「NEXT INNOVATION」にあるので手を引いてくれ、と言われた徹だったが、自分が執着した事業は譲れないと、申し出を拒否、社員数名と新会社を設立して事業を引き継ぐ、と宣言する。

オフィスに出てきた朝比奈は、アイデアとスピードで勝負してきた徹にはこの会社は足手まといだからと、自らの社長就任を宣言する。朝比奈の圧倒的な存在感に敗北感を味わう徹。そんな2人を、夏井真琴(石原さとみ)は複雑な心境で見つめていた・・・。

オフィスを片付け始めた徹。真琴の動向が気になり、内定が出ている製薬会社について尋ねるが、着々と進展していると報告され、寂しい・・・。

そんな折、徹の送別会が計画され、真琴は朝比奈燿子(相武紗季)に料理を頼みに行く。燿子から、明日で契約満了になるのは寂しい?と聞かれた真琴は、否定するも、本音は見抜かれていた。

送別会当日。徹は、社員たちを前に、自分から全ての資産を奪った朝比奈への感謝の言葉を述べていた。新会社でパーソナルファイル事業だけは継続していこうと決意した徹。ところが、そこにも朝比奈の策略が待ち受けていて・・・。

FODプレミアムより引用

感想

ただいま準備中です。

第9話
私を信じて!あなたの壁を壊したい

放送日:2020.8.31
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第9話の見逃し配信は、2020年09月07日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第9話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

朝比奈恒介(井浦新)からパーソナルファイル事業までも奪われ、送別会を飛び出した日向徹(小栗旬)。日向の後を追った夏井真琴(石原さとみ)は、あなたについて行きたい、と後部座席に乗り込み、徹はそのままバイクを走らせた。日没後の海辺で目覚めた日向の隣には、真琴が寄り添っていた。気まずい状況のなか、真琴の顔に風でコンビニ袋が張り付き、笑う徹。そのまま彼女の顔を見つめながら・・・。

「NEXT INNOVATION」では、新社長となった朝比奈が、記者から取材を受けていた。「真のカリスマ動く!」と賞賛された企画に朝比奈は微笑む。

そんな中、提携先のJIテックから、現状のパーソナルファイルのインターフェイスはコストがかかり過ぎるとクレームが入る。朝比奈はインターフェイスを改変して、総務省報告会で発表する。事務次官・藤川(大地真央)から、日向が開発した前の方がよかったと指摘されるも、顔色一つ変えない。

そんな折、朝比奈燿子(相武紗季)は、日向を呼び出し、兄のとった行動を謝罪、朝比奈が個人情報流出を仕組んだ証拠が入っているUSBメモリを差し出すが、徹は、謝る必要はない、と興味を示さない。バカが1人ついてきたから・・・、と真琴への想いまでも伝えられ嫉妬した耀子は、日向を外に連れ出した。そこには、リラックスした感じで談笑する朝比奈と真琴の姿があった。日向は凍り付いたままふたりをじっと見つめ・・・。

FODプレミアムより引用

感想

ただいま準備中です。

第10話
あふれる想い・・・ 私たちが出した答え

放送日:2020.9.7
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第10話の見逃し配信は、2020年09月14日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第10話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

日向徹(小栗旬)は、逮捕された朝比奈恒介(井浦新)について東京地検から事情聴取を受けていた。朝比奈が顧客情報を流出させたことを知らなかったと証言した日向に検事は、遠野秋洋(綾野剛)がリークしたことを明かした。

その頃、朝比奈燿子(相武紗季)は、朝比奈のことを聞きだそうとレストランに押しかけるマスコミに悩まされていた。そんな燿子に、乃木湧太(丸山智己)は休職を促す。

「WONDER WALL」に戻った日向は、夏井真琴(石原さとみ)に笑顔で迎えられるが、直後に「NEXT INNOVATION」に強制捜査が入り、倒産の可能性もあると聞き心を痛める。それでも、新会社を軌道に乗せるため、地道な営業にまい進する。真琴は、それを身近で支えるうち、社長として人間としてどんどん成長していく日向を、どこか寂しく感じるようになる。

そんな折、日向は山上芳行(佐野史郎)から「NEXT INNOVATION」に戻ってほしいと頭を下げられる。自分には守りたいものがほかにある、と伝えた日向だったが・・・。

後日、日向は朝比奈に面会をしようと拘置所を訪ねるが、朝比奈に拒否される。朝比奈は日向だけではなく、燿子や両親との面会も拒んでいた。

同じ頃、日向に真琴から、しばらく休ませてほしい、というメールが届く。気になった日向は真琴に電話をするがつながらない。心配になり自宅を訪ねるが、そこにも真琴の姿はなく・・・。

FODプレミアムより引用

感想

ただいま準備中です。

第11話
君のもとへ・・・二人の未来

放送日:2020.9.14
見逃し配信

『リッチマン、プアウーマン』第11話の見逃し配信は、2020年09月22日に配信終了しました。

  • TVer
  • FODプレミアム

第11話を無料で見たい方はこちら

あらすじ

「NEXT INNOVATION」に戻った日向徹(小栗旬)は、会社の変わり果てた光景に言葉を失うも、山上芳行(佐野史郎)に感謝の言葉をかける。職場に復帰した朝比奈燿子(相武紗季)にも会うと、拘置所の朝比奈恒介(井浦新)に再度面会を断られたと話す。そんな日向に燿子は、夏井真琴(石原さとみ)に気持ちを伝えたのか、と聞くが、日向は否定、真琴がそばにいたのは、全てを失っていた自分への同情心からだ、と言って燿子を呆れさせる。

その頃、研究所にいた真琴は、勤務地がブラジルになったと伝えられる。

「NEXT INNOVATION」社長に復帰した日向は会見を開く。その模様を見た真琴は、思わず会社に来てしまい、逢うのを避けていた日向に遭遇してしまう。久しぶりの再会にも素直になれないふたりは、ぎこちない様子で近況報告をしあう。会社の厳しい現状に、今度ばかりは打つ手がないかもしれない、と日向。真琴は、朝比奈が戻るまで頑張れ、と励まし、自分のブラジル行きを報告する。ショックを受ける日向に真琴は、わざと張り切った様子を見せる。

数日後、真琴に電話をかけた日向は、会社に来てみないか、と誘うが、仕事が忙しいと真琴は断る。仕事が終わってからでいい、自分もずっとここにいるから、と粘る日向に、真琴は迷いつつも行く、と約束する。日向は待ち続けるが、朝になっても真琴は現れなかった。そのとき真琴からの着信が・・・。

FODプレミアムより引用

感想

ただいま準備中です。

『リッチマン、プアウーマン』の番組情報

『リッチマン、プアウーマン』ってどんなストーリー?

若くして成り上がったカリスマIT社長と東大生で優秀だけれどもガリ勉タイプで就活内定ゼロの女子大生のラブストーリー。生活も価値観も正反対の2人が、衝突を繰り返しながらもお互いを知り、精神的に成長して惹かれ合っていきます。

IT社長・日向(小栗旬)は天才と称され傍若無人だけど人を惹きつける天性の魅力がある一方、病気で一度に人の名前や顔を覚えることができなかったり、幼少期に母に捨てられた心の傷を持っていたり、弱い一面もあります。

内定ゼロの東大生・真琴(石原さとみ)は、要領は悪いけど努力家で抜群の記憶力を持っています。実は真琴は日向の実母の知人で、この物語の数年前に一度日向と会っていて(日向は病気なので覚えていない)、彼と実母を会わせてやれなかったことを悔いていて、そのことから実母の名前である澤木千尋と名乗って日向の会社説明会に参加します。

澤木千尋という名前に惹かれて真琴をインターンとして働かせることになりますが、IT企業らしく会社の乗っ取り、億万長者から一文無し、それを支える真琴、奮起して再成功する、というストーリーで進むも、困難を乗りこえて人間的にも成長した日向に対し、真琴は「もう自分にできることは何もない」と彼の側を離れてしまい…

このように、IT企業の社長と女子大生のラブストーリーがメインではあるものの、日向のビジネスに対する考え方、困難に挑戦する考え方は大いに参考になります。このドラマの主題に「絵空事じゃない地に足のついた夢を語って、世の中に発信できる」「男のカッコよさ」があるとおり、企業モノとしての要素も多く盛り込まれているため、男性からの支持が高いのも特徴です。

『リッチマン、プアウーマン』の放送情報

放送局 放送時間 放送開始日
フジテレビ 月 21:00 2012年7月9日
フジテレビ 月 24:25 2020年7月6日

『リッチマン、プアウーマン』のスタッフ情報

【脚本】
安達奈緒子
【演出】
西浦正記、田中亮
【プロデューサー】
増本淳、関口大輔
【音楽】
林ゆうき
【主題歌】
miwa「ヒカリヘ」
【制作】
フジテレビドラマ制作センター
【公式サイト】
https://www.fujitv.co.jp/b_hp/richman-poorwoman/

『リッチマン、プアウーマン』のキャスト一覧

日向徹(29):小栗旬
「NEXT INNOVATION」代表取締役社長。徹底した実力主義の経営を行い人事は冷徹。心因性認識不全症候群を患い、一度に人の顔や名前を覚えることが出来ない。
夏井真琴/澤木千尋(23):石原さとみ
東京大学理学部4年生。堅実で努力家。記憶力は非常にたけているが、要領が悪く就職活動は全敗。NEXT INNOVATIONの会社説明会をきっかけに、ある仕事を日向から依頼され、そのままインターンとして働くことになる。
朝比奈恒介(36):井浦新
「NEXT INNOVATION」取締役執行役員・副社長。日向の才能に可能性を感じ、共同で出資して現在の会社を立ち上げる。日向とは反対に穏やかな性格だが、互いを補い合う関係として彼とは深い信頼関係にあり、社員からの人望も厚い。
朝比奈燿子(25):相武紗季
恒介の妹。「NEXT INNOVATION」が入るビル・TCP TOWER1階に新しく出来たレストラン「Eclat Noble」のチーフ・シェフを任される。
東京大学
小野遙香(22):野村麻純
理学部4年生。真琴の親友。
久賀友紀(22):古川雄輝
理学部4年生。真琴と同じゼミに所属。
NEXT INNOVATION
山上芳行(50):佐野史郎
取締役執行役員・投資育成事業本部長。経理担当。株式上場の際のやり取りが縁で朝比奈からヘッドハンティングされNIに転職する。
安岡倫哉(25):浅利陽介
日向のスケジュール管理などを行う日向の専属秘書的存在。日向に全く名前を覚えてもらえないため、Tシャツに名前を書いたりとあの手この手で覚えてもらおうと努力している。
小川智史(39):中村靖日
プログラミングする際のバグ取りが最も得意なチーフプログラマー。
細木理一:植木紀世彦
カラーセンスに秀でているチーフプログラマー。
宮前朋華(28):八木のぞみ
朝比奈らの秘書的な役割を担う。英語が堪能で海外出張にも同行する。
立石リサ(23):舞川あいく
秘書。
吉田一雄:鹿内大嗣
チームリーダー。
真琴の家族
夏井歌子:鷲尾真知子
真琴の母親。夫婦で釣り船の民宿を経営している。気前がよく、お客さんに料理を大盤振る舞いする。
夏井真二郎:螢雪次朗
真琴の父親。怪我で漁師を引退したあと民宿の経営を始める。
夏井真一:夙川アトム
真琴の兄。低所得ながらお金を工面し、小遣いを渡すなど妹思いの兄。
その他
乃木湧太(37):丸山智己
「Eclat Noble」シェフ。料理人としてのキャリアはチーフの燿子より長く、その部下に甘んじることへの嫉妬から嫌味を言ったり嫌がらせをする。
笛木匡正(60):中原丈雄
禅寺の僧。日向の良き相談相手で、母についてのエピソードなども知っている。

『リッチマン、プアウーマン』のゲスト出演者

第1,2,9話
藤川真沙子:大地真央
総務省事務次官。
第1話
山脇勝:小浜正寛
情報振興事業部統括局長コモンキャリア窓口担当。
第3,7,10話
坂口哲也(23):中野裕太
NI社員。会社のホープとされていたプログラマーだったが、業績を上げることが出来ずクビを宣告される。その後日向の出資で起業する。
第3,10話
澤木千尋:萬田久子
日向の実母。真琴の実家の近くで定食屋を営む。
第3話
田中好人:村上大樹
NI社員。デスメールで解雇処分となったが朝比奈の計らいで待遇の良い再就職先を斡旋して貰い、感謝して会社を去る。
第5,6,10話
遠野秋洋(29):綾野剛
NIの元社員。創業メンバーの日向と朝比奈に続く3人目の社員でプログラマーとしても優秀だった。朝比奈と画策して日向を陥れる。
第5話
青山誠人:片岡鶴太郎
高名な工業デザイナーであったが突然引退宣言し、現在は故郷の岡山県で農業を営む。真琴のメル友。
第6話
酒井貴宏:
NI株主。
第8,9話
伊藤正敏:岩寺真志
大手通信会社JIテック役員。
第8話
警備員:不破万作
NIが入るビルの警備員。
第10,11話
刑務官:ベンガル
東京拘置所の刑務官。
第10話
松永秀人:山本栄治
ジュンク堂書店宣伝統括本部長。
第11話
宇田川昇:石坂浩二
JIテック社長。

ブレイクマンデー24

放送期 作品名
2020年 時をかけるバンド
あの子が生まれる…
リッチマン、プアウーマン
地獄のガールフレンド
ブスの瞳に恋してる
2019年 ヤヌスの鏡
花にけだもの〜Second Season〜
いつか、眠りにつく日
高嶺と花
JOKER×FACE

-2020年夏, FODプレミアム, クールドラマ
-, , ,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 alsace cinemas