M 愛すべき人がいて

【M 愛すべき人がいて】見逃し配信・無料動画まとめました(土曜ナイトドラマ)

『M 愛すべき人がいて』の見逃し配信・無料動画まとめ

最新話(第3話)の無料見逃し配信しているサービス一覧

TVerやGYAO!などの無料配信は2020年05月09日に終了しました。

しお
無料で見たい人は動画配信サービスのおためし期間を利用するとタダで見れますよ。

『M 愛すべき人がいて』の動画配信サービス一覧

『M 愛すべき人がいて』のあらすじと感想

※ネタバレを含みます。まだ見てない人は気をつけてくださいね。

第1話『俺の作った虹を渡れ!』

放送日:2020.4.18
あらすじ

1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきたアユ(安斉かれん)。ギャラのいい東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。

そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、一緒にベルファインに通い始める。

一方、会社の売上を人気プロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。

一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。

その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・流川翔(白濱亜嵐)に「いいと思うやつを連れてこい!」と指示を出す。フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。

翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。

公式サイトより引用

第2話『いいダイヤの原石だ』

放送日:2020.4.25
あらすじ

第3話『お前はアーティストになるんだ!』

放送日:2020.5.2
あらすじ

社長室にて。4月に流川のプロデュースするグループをデビューさせるという大浜。ただし、今の4名だと弱いからアユを入れて5人組にするという。マサは「アユはグループ向きじゃない」と食い下がる。それは社長命令かというマサに対し、決定だ。嫌なら辞めればという。

1985年、7歳のアユは祖母と海岸を歩いていた。父は私が嫌いだから出て行ったのかと尋ねる。そんなことないと言う祖母だが、なぜ父は海で手を離したのかと聞く。「パパ助けて」… 目が覚めるアユ。うなされていたアユの背中をさする祖母。アユは落ち着きを取り戻す。

マサは怒りが治まらない。トンネルの中に「ぜってー負けねーぞ」という声が鳴り響く。そこに1台の車が止まった。降りてきたのは中谷社長だった。中谷社長は育成の秘訣を伝授する。

沢木がvelfineで「夢見る少女じゃいられない」を歌っている。見学するアユとマサ。アユは沢木のようにかっこよく歌える歌手になりたいようだ。「報告がある」とマサはグループデビューのことを伝える。アユは悔しさをグッとこらえて「ありがとうございます」と礼をする。

先に帰るアユだったが、やはりマサに嘘はつけない。グループでデビューするのは嫌だと伝える。それを聞いてマサは笑みを浮かべる。「辞めさせるわけねーだろ」とアユを抱きかかえ、お姫様抱っこしてお決まりのセリフ「俺を信じろ」というのだった。

マサは流川に「ガキみてーなことしていいか?」と聞く。この後の会議で大浜社長に言おうと思っていることがあるのだ。流川は「俺らガキみたいなことだけして、ここまで来たじゃないですか」と後押しする。礼香にアユを呼びに行かせる。礼香はアユを案内する途中、わざと倒れる。手を差し伸べるアユに「お礼にいいことを教えてあげる」というと、「マサは眼帯をはずしてこっちの目にキスをするのが好きなのよ」と子供じみた嫌がらせをする。

会社の経営方針を決める会議に現れたアユを「図々しい」という大浜社長。アユはグループに入れると売れないというマサに、具体的な理由を聞く。アユが口を開く。自分がそう言ったんだと。続けて「私は誰かの夢と自分の夢のサイズを合わせることはできない」という。「ということでアユはソロでデビューさせる」というマサ。役員に意見を聞くと、やはり先ほどの理由とも言えない理由に納得がいかないらしく、次々に悪態をつく。アユは怒りを抑えるのに必死だ。それを見たマサは声を荒げる。「ここにいる全員が反対しようが俺はアユをソロでデビューさせる」「俺は宣言する。数年後、ここにいる全員のボーナスをコイツが稼ぎ出す」

どうしても信じられない大浜社長は「どれだけ売れる?」と聞く。「デビューして1年以内、アルバム100万枚」と啖呵を切るマサ。

アユを見送る礼香。「困ったなーあなたが売れないとマサの人生狂っちゃうな」とプレッシャーをかける。眼帯を外し「私のこの目はあの人に奪われたのよ。約束してくれたんです。一生私の目になるって」と。続けて「さっきあなたの手をつかんでわかった。あなたの手は人を不幸にする。泥棒の手をしてる。」

流川は4人を呼び、4人でデビューすることになったと報告する。デビューは嬉しいけど、アユだけなんで特別扱いなのかと詰め寄る。女の激しい嫉妬に流川はお手上げ状態。

行きつけのバーで流川はマサに先ほどの出来事を報告する。マサは「自分がプロデュースする人間を愛さなくてどうするんだ、お前もあの4人を愛してやれ、心から」とたしなめる。いつもアユが大ブレークしている姿を想像するが、何かが足りないというマサ。

海を見ているアユとマサ。役員会で辛くなかったか聞くと、辛かった。でも泣くのは簡単だけど笑ってたい。と答えるアユ。マサは足りない何かを見つけたようだ。

感想

アユはアイドルでも歌手でもない、アーティストになるんだって本当にアユはアーティストって感じだったよね。

田中みな南怖いよ。婚姻届けとか怖すぎるから。気持ち悪い。

おばあちゃん、いいアドバイスするなー等身大でいいって。そう、だからあれだけヒットしたんだよね。きっと。まだ中学生だったけどすごい共感したもん。詞がいいんだよねぇ。メロディーとちょっとかすれた声と。最高だったな。

この4人組うざいわー ネットじゃDreamがモデルじゃないかって噂だけど、amiちゃんがこんなんだったら嫌だわ。違うことを祈る。

おばあちゃん心配。実話だとデビュー曲のレコーディングの朝、亡くなっちゃったんだよね。確かおばあちゃんとのことを歌ってるのが「ever free」だったはず。

流川ちゃーん何やってんの!!!

おばあちゃん危篤。でもアユは詞を書くことを決意。私なんかが言うのはおこがましいけど、アユの判断はきっと間違ってなかったと思う。誰よりも応援してくれたのがおばあちゃんだったから。

えぇそうなの!?最後のフレーズ、おばあちゃんであって欲しかったな…

あぁ、Mも放送延期か…

『M 愛すべき人がいて』の番組情報

『M 愛すべき人がいて』ってどんなストーリー?

原作は小松成美さんの『M 愛すべき人がいて』。題名からもわかるとおり、浜崎あゆみさんとエイベックス社長・松浦さんの話です。

30代以降の人なら2000年代の浜崎あゆみさんの快進撃はご存じだと思います。歌を出せば大ヒット、ファッションや言動が逐一とりあげられて、まさに社会現象でした。小室時代を終わらせたのは浜崎あゆみさんと言っても過言ではありません。

そんな浜崎さんは、初期の売れない頃はドラマのエキストラや、グラビア撮影ばかりでした。エキストラ役でヤンキー姿の写真が週刊誌かなにかに掲載されていたのを見た記憶があります。

突然現れて、瞬く間に「平成の歌姫」へと昇りつめた「浜崎あゆみ」はどのようにして誕生したのか。その誕生の秘密と松浦さんとの恋が芽生えてから破局までを描く作品です。

浜崎あゆみさんの他にも、ELT=OTF、TRF=USG、相川七瀬さん=冴木真希などの名前で登場し、それぞれエイベックスの人気若手アーティストが演じています。

90年代の音楽やファッションがふんだんに登場するので、あの時代に青春時代を過ごしていた方には懐かしく、たまらない作品になると思いますよ。

『M 愛すべき人がいて』のスタッフ情報

【脚本】
鈴木おさむ
【音楽】
沢田完
【主題歌】
浜崎あゆみ「M」
【企画】
藤田晋
【ゼネラルプロデューサー】
横地郁英
【プロデューサー】
服部宣之、谷口達彦、山形亮介、佐藤雅彦
【アソシエイトプロデューサー】
川島彩乃
【演出】
木下高男、麻生学
【制作】
テレビ朝日
【制作協力】
角川大映スタジオ
【公式SNS】
  • Twitter

『M 愛すべき人がいて』のキャスト一覧

アユ:安斉かれん
のちに「平成の歌姫」と呼ばれ、女性たちのカリスマとして君臨することになるアーティスト。楽曲だけでなく、ファッションやメイクなどすべてが注目を浴び、一大ブームを巻き起こすトップスター。
マサ:三浦翔平
レコード会社「A VICTORY」を設立し、専務取締役に就任。名プロデューサー「マックス・マサ」として、音楽シーンで数々のムーブメントを生み出す。のちに代表取締役社長に就任する。
流川翔:白濱亜嵐
レコード会社「A VICTORY」の社員で専務のマサ直属の部下。マサとはレンタルレコード店で出会ってから7年の付き合いで一番の理解者。
姫野礼香:田中みな実
レコード会社「A VICTORY」の社員でマサの秘書。決して右目の眼帯を外さない謎めいた美女。
大浜:高嶋政伸
レコード会社「A VICTORY」代表取締役社長。粘着質で不気味な男。レンタルレコード店時代のマサの評判を聞きつけ、その才能にほれ込んで独立させた。
中谷:高橋克典
上京したアユが所属する芸能事務所・中谷プロの社長。コギャルブームに乗っかって、日サロに行けと意見するなど、アユが売れるとは思っていない。

土曜ナイトドラマ

放送期作品名
2020年春M 愛すべき人がいて
2020年冬アリバイ崩し承ります

-クールドラマ, 2020年春
-,

画像の右クリックは禁止してます

Copyright© alsace cinemas , 2020 All Rights Reserved.