【梨泰院クラス】レビュー NETFLIXに加入してまで見る価値ある?

『梨泰院クラス』見終わりました。とにかく最高におもしろいドラマでした。見ないと損と言ってもいいくらい。たぶんストーリー的に男性のほうがハマります。

韓国ドラマってベタな恋愛・イケメン・王宮でしょ?

そういう感情から手を出しにくいと敬遠してきた人こそ、概念がぶっ壊れること間違いなし。

『梨泰院クラス』は恋愛要素が少なめで、仲間と成功するまでの軌跡を描くサクセスストーリーであり復讐劇。その中にラブストーリーもスパイスとしてあります。

恋愛要素も物語上で重要な役割だけどメインは復讐。困難を乗り越えて成り上がっていくストーリーはワクワクします。

NETFLIXはお試し期間がないんですが、1ヵ月だけ加入しても絶対に損したと思わないはず。

梨泰院クラスの何がおもしろいのか、3つに分けてお伝えしていくのでNETFLIXに加入してまで見るべきかどうか、参考にしてくださいね。

しお
なるべくネタバレしないように書きました。

底辺からのサクセスストーリー、原動力は巨大企業への復讐

『梨泰院クラス』は大企業の会長と息子によって夢・学歴・親、すべてを奪われた主人公パク・セロイの、15年間にわたる復讐劇です。

セロイの信念と人柄に惹かれて仲間が集まり、小さな居酒屋から少しずつ成功を収め、最終的に国内最大の飲食チェーンを倒して会長を屈服させます。

パク・セロイとチャン・デヒ

パク・セロイは無愛想で不器用だけど、間違ったことが許せず信念をつらぬく男。誰よりも仲間を想い、義を大切にする努力家。

しお
変な髪型だけど同性から圧倒的に好かれ、慕われるタイプ

セロイは何でもできるスーパーマンじゃなくて、むしろ仲間の力がないと何もできない。

でもセロイは進むべき方向性を明確に示して、決断力もある。仲間の失敗も「決断したのはオレ自身だ」と包み込む包容力があります。

しお
セロイのために俺ががんばるんだ!って支えたくなる理想的なリーダー

対する大企業「長家」の会長チャン・デヒは小さな屋台から自分の力だけで韓国一の外食企業を作り上げた実力者。情や人よりも利益第一主義の徹底的なリアリスト。

実際、セロイがあの手この手で会長の牙城を崩そうと画策しますが、いつも読まれて潰されてしまう、危機管理・策略はさすがカリスマ経営者と言ったところ。

しお
息子はクソですが、会長は超有能で絶対的な悪でもない。セロイも会長の手腕には尊敬の念を抱いてます。

因縁のはじまり

ことの発端はセロイの高校時代にさかのぼります。転校初日、会長の息子チャン・グンウォンが同級生をいじめているのを目撃。生徒も教師も見て見ぬふり。辞めろと言っても辞めないグンウォンを殴ってしまいました。

ここから始まるセロイとチャン親子との因縁。

決定打となったのは、グンウォンがセロイの父親を轢き殺してしまったこと。事故ですが、救急車を呼ばないばかりか身代わりを出頭させて逃げる始末。怒り狂ったセロイはグンウォンをボコボコにして刑務所に送られてしまいます。

面会に来た会長に「息子に謝罪すればここから出してやる」と言われて世の中の理不尽さを痛感し、長家を超える大企業を作り、会長に罪を償わせることを心に誓います。

ここから15年にも及ぶ復讐劇が始まります。

仲間と「タンバム」をOPEN

個性の強い仲間と居酒屋「タンバム」をOPENします。みなセロイに惹かれて集まっている仲間。

  • 元ギャング
  • トランスジェンダー
  • IQ162のソシオパス(反社会性パーソナリティ障害)
  • チャン会長の妾の子
  • アフリカ系ハーフ
しお
クセが強い(笑)

このあたりは韓国が実際に抱えている問題なのかもしれません。

梨泰院は大使館が点在して外国人ビジネスマンも多い日本の六本木のような街なのにクラブでアフリカ系の入店を拒否されたり、トランスジェンダーについては想像以上に否定的な風潮で驚きました。

でも社会問題をこんなにぶち込んでこなくてもいいんじゃないかなー。社会問題全部詰め込んでやったぜ、って感じが否めない。

立ちふさがる壁、壁、壁

成長するたびに長家から様々な妨害が入り、それをまた乗り越えて・・・が続きます。

少年誌のお約束パターンのような展開が続きますが、テンポが速いのと企業として成長しながらの壁なので”同じことの繰り返し”感がなくて、飽きることなくむしろドラマに入り込んで見ていられます。

スアとイソ

『梨泰院クラス』のヒロインだけど対照的な2人。2人ともセロイのことが好きで、どちらがセロイと結ばれるのか最後まで目が離せません。

オ・スア

しお
めっちゃ美人で可愛いです💕

自ら積極的にアプローチすることはなく、セロイに好かれていることを心の支えとして復讐が終わるまで見守って待ち続けるタイプ。

本心を明かすことが少ないし、何考えてるのかわかりづらいため、共感しにくいかもしれない。

セロイの初恋の人。親に捨てられ長家が支援している孤児院で育ち、孤児院を担当していたセロイの父親を本当の父親のように慕って育ちます。

父親の死の際もセロイに寄り添って、復讐に明け暮れるセロイの心の支えとなる正当なヒロイン。

孤児院出身ということもあって余裕のある生活を求めていて、長家の支援で大学に行き、あろうことか長家に就職してしまいます。

スア自身もそのことを悩んでいて、仕事は仕事として完璧にこなすもののセロイに罪悪感を感じています。

しお
セロイは「そんなん関係ねーよ。自分のことだけ考えてろ」って言い続ける優しい男。

セロイの復讐の足枷にならないように、告白されてもOKしないで復讐が終わるまで待ち続けるスアですが、傷ついたセロイを見ていられず本音をもらしたシーンがあります。

「もういいよ、復讐は忘れて私と幸せになろ?」

良くも悪くもターニングポイントとなったセリフ。さてどうなることやら。

チョ・イソ

しお
決して美人じゃないけど仕草や表情が愛おしくなるような可愛さ💕

愛するセロイのために長家を潰す、セロイを成功させることに自分のすべてを費やすタイプ。

何度振られても「好きでい続けるのは自由」と決して諦めずにセロイを助け続ける姿に応援したくなる。

イソはIQ162の天才。何をやらせても何でもできる天才がゆえに、いつもどこか冷めている女の子。

セロイと出会ったのはイソが高校3年生のとき。セロイに惹かれたイソは合格した一流大学を蹴って、まだまだ小さく潰れそうなタンバムで働き始めます。

優秀なマネージャーですが、ソシオパスだけあって言いにくいこともズバズバ言ってしまって仲間と険悪になることも。でも逆に見ていてスカッと気持ちいい。

セロイに嘘はつかない、セロイが決めたことは意にそぐわなくても全力サポート、常にセロイのために動く、健気で本当に可愛いです。

しお
それなのにセロイときたら「俺を好きになるな」ですよ?ひどい😡

セロイの変化

そんなセロイもちょっとしたきっかけでイソを女性として意識し始めます。

しお
韓国ドラマは初恋絶対主義だと思っていたので新鮮でした✨

実はスアも気付いてるんですよね。ずっと見守ってきたんだから当然。それでも自分からセロイにアプローチすることなく見守り続けているなかで、少しずつ本音が漏れ出していって、視聴者もようやくスアの想いを理解できるようになります。

セロイはどちらの女性と結ばれるのか、最終回の少し前までわからないのでお楽しみに。

脚本はよく練られていて演者の表現が上手い、そしてOSTが最高

『梨泰院クラス』がおもしろい最大の理由がコレかもしれません。とにかく脚本が良く練られています。

ご都合主義なところもあるし、粗さが目立つ部分もあったけど、序盤の出来事が終盤でしっかりと回収されて腑に落ちます。

しお
でも最後の決着に至る事件だけは気にくわない!脚本なんとかならなかったの?

韓国ドラマって『冬のソナタ』以降、初恋・異母兄弟・記憶喪失… そういう定番のパターンばかりという印象を持ってたけど、『梨泰院クラス』にしろ『愛の不時着』にしろ、最近の韓国ドラマの脚本は素晴らしいと思う作品が増えてきました。

もちろん財閥・恨み・運命など定番の展開はありますけど。梨泰院クラスも財閥・恨みですしね。

しお
お金で何でもできると思っている財閥に貶められた主人公が復讐なんて韓国のド定番

登場人物の深掘りも自然なタイミングで丁寧に掘り下げるから感情移入しやすいです。嫌いだったキャラなのに応援したくなるなんて良くあること。

しお
会長の息子・グンウォンだけは最後まで嫌いだったけど🙄

俳優の表現の仕方も日本とは結構違います。

韓国の俳優は喜怒哀楽を表現するのが巧みでストレートに表現するから見ているほうもグッと引き込まれる。演出も1話の中で喜怒哀楽をテンポよく組み込まれてるし。

それから『梨泰院クラス』はOSTが最高にハマります。オリジナルサウンドトラック、挿入歌のこと。ドラマをめちゃくちゃ盛り上げてくれます。

私は特にGAHOの「START OVER」がお気に入り。毎朝聴いて「よし、やるぞ!」って気分をあげてます。

どの曲がおすすめなんて、自分でドラマを見ないとわからないものなので、ぜひドラマを見てお気に入りの1曲を見つけてくださいね。

まとめ

私の拙い文章で興味をそそられたかわかりませんが、「見てみたいなー」と思ったら見たほうがいい!全16話ぶっ続けで止まらなくなること間違いなし。

おもしろくなってくるのはイソが登場する3話以降ですが、1〜2話の高校時代のスアがめっちゃ可愛いです(笑)

-オリジナルドラマ, NETFLIX

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 alsace cinemas