【ディア・シスター】フル視聴できる無料動画まとめました

ディア・シスター

石原さとみさんの可愛さが際立つドラマ。がんちゃんは理想の男性そのもの。2014年のドラマなのに今もまったく色褪せなくて、内容は今のドラマよりも優れているくらい。ちょっぴり切ないラブコメディーです。

しお
『ディア・シスター』を無料で視聴できる動画配信サービスを中心にお届けします。

『ディア・シスター』が全話見放題
\おすすめ動画配信サービス/

FODプレミアム
  • 無料期間中に解約すればタダで見れる
  • 無料期間は 2週間
  • ドラマもバラエティも 約4万本 が見放題
  • CMなくてストレスフリー

※無料視聴はAmazonアカウントで登録

\登録はカンタン♪わずか3分/

無料視聴をはじめる

解約はWEB上で簡単にできます

『ディア・シスター』の見逃し配信・無料動画まとめ

TVerには見逃し配信なし

TVerなどの無料配信サービスで『ディア・シスター』の見逃し配信がないか調べてみましたが、残念ながらありませんでした。

TVer

TVer

GYAO!

GYAO!

AbemaTV

AbemaTV
しお
動画配信サービスの無料期間を上手に活用してタダで視聴しましょう。

『ディア・シスター』動画配信サービスを比較

動画配信サービスの<無料おためし期間>を利用すれば、『ディア・シスター』が1話~最終回までタダでフル視聴できます。

しお
おためし期間内に解約すれば料金は一切かかりません。

各動画配信サービスの『ディア・シスター』の配信状況をまとめました。

配信サービス配信形態料金(税込)ダウンロード倍速再生
FOD 見放題 2週間 無料
976円 /月
× ×
ひかりTV 見放題 最大2ヶ月 無料
2,750円 /月
×

配信情報は 2020年7月6日時点のものです。現在の配信状況については各サービスのホームページかアプリでご確認下さい。

『ディア・シスター』全話視聴にベスト動画配信サービス

FODプレミアム
無料期間配信形態月額料金(税込)
2週間見放題 976円

FODプレミアムがベストな理由

  1. 無料期間が 2週間
  2. フジテレビの番組に圧倒的な強さ
  3. オリジナルドラマも豊富
  4. 毎月 100ポイント (総計1,200ポイント)もらえる(マンガ購入やレンタルに)
  5. 漫画や小説も17万冊以上配信されている
  6. 120誌以上の雑誌が追加料金なしで読み放題

FODプレミアムで無料視聴する

『ディア・シスター』のあらすじと感想

※ネタバレを含みます。まだ見てない人は気をつけてくださいね。

第1話
世界一愛される妹と世界一不器用な姉・・・!!幸せを掴むのは!?

あらすじ

高校卒業から音信不通状態だった深沢家の2人姉妹の妹・美咲(石原さとみ)が、姉・葉月(松下奈緒)の前に突然姿を現した―。

区役所で働く葉月は隣の課で働く恋人・吉村達也(平岡祐太)と、萩原陽平(平山浩行)と姉の上杉香織(堀内敬子)が営む行きつけのオーガニックカフェ『APPLESEED』でランチをする。30歳の誕生日を翌日に控えた葉月は、それとなく結婚の話題を持ち出すが、達也は乗ってこない。するとそこに、葉月の母・七重(片平なぎさ)から電話が入る。だが、日頃から折り合いの悪い母に意見した葉月は電話を切られてしまう。

その夜、葉月が帰宅すると部屋に妹の美咲がいた。人生の大事なイベントを美咲のせいで何度も台無しにされてきた葉月は、身勝手な美咲に怒りをぶつけるが、美咲は葉月の好きな焼酎で機嫌をとる。そして葉月が酔いつぶれた後、葉月の持ち物や部屋をチェックするのだった。翌朝、葉月は親友の佐藤和子(森カンナ)と日課のジョギングをする。美咲を知る和子は1日でも早く追い出すべきと忠告する。

昼過ぎに目覚めた美咲は、高校時代の担任・櫻庭宗一郎(田辺誠一)からの着信に気づく。だが美咲は宗一郎の弟で親友の永人(岩田剛典)に電話をかける。永人から依頼していた調査の報告を聞いた美咲は、ある計画を進める・・・。

一方、誕生日に達也と会う約束ができなかった葉月は、和子と飲みに行く。だが、店に入った葉月の前には・・・。

FODプレミアムより引用

感想

一見、自由奔放すぎる妹だな~と思ったけど、すべて姉のために動いているんだね。

婚約者が浮気してるってどういう調査してるの??ハチは探偵なの??ハチのゲイってきっと嘘だと思う。美咲といっしょにいたいがための方便・・・かな?

死ぬまでにしたい10のことっていうのを見て、あ、美咲は死ぬかもしれないんだな。と思った。だから突然姉の部屋に転がり込んでいろいろやらかすんだろうね。

とにかく石原さとみちゃんが可愛い。松下奈緒さんもキレイだけど、さとみちゃんは別格。彼女が好きな人はそれだけの理由で見ても後悔しないドラマだと思う。

第2話
絶対言えないキス

あらすじ

美咲(石原さとみ)が姉・葉月(松下奈緒)のマンションに転がり込んでから1週間。ふたりは、朝のトイレを取り合ったり、小競り合いを繰り返す。生活のペースを完全に美咲に握られてしまった葉月は、イライラが募り、朝から親友の和子(森カンナ)に愚痴る。同じ頃、美咲のもとには、再び宗一郎(田辺誠一)から電話が入るが、美咲はかたくなに出ようとしない。

弟・永人(岩田剛典)のトレーラーハウスに泊まっていた宗一郎は、不動産業者を訪れて新居を決める。静岡で塾の講師をしていたのだが、急な人事で都内の教室に移ることになったのだ。やがて転居の手続きのために区役所を訪れた宗一郎は、そこで高校教師時代の教え子だった葉月と再会する。葉月は高校時代、宗一郎に憧れていた。

一方、キャバクラで働き始めた美咲は、その愛されキャラぶりをいかんなく発揮。客からの注目はもちろん、他のキャバクラ嬢からも嫉妬と羨望(せんぼう)の眼差しを向けられる。

その夜、美咲が仕事を終えて帰宅すると、葉月の部屋には宗一郎の姿が・・・。高校時代、宗一郎と問題を起こしたことのある美咲はいたたまれなくなって・・・。

FODプレミアムより引用

感想

美咲、何があったんだろ。宗一郎さんとの再会では本当に恋する乙女っていう目で、それから激しく求めあったのに、それっきりで連絡とってないんでしょ?自分が死ぬかもしれないからかな?

やっぱりハチは美咲のことが大好きなんだな~。側にいたいからゲイだなんて言って健気すぎる。

あと、美咲のキャバ嬢は天性のものだね。あれはすぐにNo.1になるわ、きっと。最初のうちは今回みたいにいじめられるかもしれないけど、すぐに美咲の派閥ができるわ。たぶん、いじめてた側も美咲のことが好きになると思う。

APPLESEEDの店長の勘違いっぷりもおもしろい。ふだんモテない陰キャかよ。

葉月はちょっと頭が固すぎるかなー。たしかに母親がいきなり結婚届を持ってきたらビビるのはわかるけど、「しっかり紹介して」って言えば済む話なのに、本当は必要ない戸籍謄本を求めるとか・・・ねぇ。

あと、宗一郎さんが荷物忘れたことを気づいてたのに、後で会いたいがために追いかけないとか、そういうところだけ頭が働くのはちょっと嫌だ。

第3話
初めての朝帰り!?

あらすじ

日光アレルギーで赤い湿疹が出てしまった美咲(石原さとみ)は、姉の葉月(松下奈緒)に余計な心配をかけたくない、と永人(岩田剛典)が住むトレーラーハウスに泊まる。美咲の寝顔を見つめていた永人は彼女に顔を近づけ・・・。

一方、区役所に出勤した葉月は、結婚が破談になったため辞職願を取り下げてもらおうと考えていた。ところが、そこで思わぬ事件が起きる。課内のファックスに「深沢葉月は妹に婚約者を寝取られた」「深沢葉月の婚約者には本命の恋人がいた」などと、葉月を中傷する怪文書が次々と送り付けられてきたのだ。困惑した葉月は、宗一郎(田辺誠一)に相談しようとしたが予定があって会えないという。

その夜、葉月は『APPLESEED』で親友の和子(森カンナ)と会う。和子は、犯人は元婚約者の達也(平岡祐太)らに違いないと憤る。偶然その紙を見てしまった陽平(平山浩行)も葉月が心配でたまらない。

葉月が帰宅すると、母・七重(片平なぎさ)が美咲と酒盛りをしていた。七重の婚約者・渋川(渡辺裕之)が、日曜日に葉月、美咲と一緒に食事をしたいと言っているからスケジュールを空けておいてほしい、と伝える七重。しかし葉月は、今はそんな気分ではないと返し七重と口論になってしまう。

七重が帰った後、美咲は例の怪文書のことを知る。すると美咲は、いい機会だからドレスデザイナーになる夢にチャレンジしてみるべきだと言い出し・・・。

FODプレミアムより引用

第4話
お前は俺が守る!

あらすじ

キャバクラの仕事を終えた美咲(石原さとみ)は、帰り道、ふいに誰かの視線を感じる。が、振り返っても誰もいない・・・。

一方、宗一郎(田辺誠一)と食事をした葉月(松下奈緒)は、朝からご機嫌でジョギングに出かける。宗一郎に会い、改めて彼への思いを強くする葉月。葉月が家に戻ると、七重(片平なぎさ)が待ち構えていた。葉月が区役所を辞めたことに怒った七重は、葉月を公務員にするまでどれほど苦労してきたかをまくしたて、辞表を取り下げてもらえと言い出す。しかし葉月は、なりたくて公務員になったわけではないのだからこの機会にやりたいことを見つける、と返す・・・。

その夜、美咲は上客の清水(前川泰之)と同伴出勤する。美咲は、清水からもらったばかりの高価なペンダントをそのまま質店にもっていき、彼の目の前で金に換える。2400万円ためるのが目標――美咲は、清水にそう告げた。

そんな中、美咲は、葉月に節約をするよう指示する。葉月の生活を見て以前から気になっていたらしい。風呂やトイレの使い方から待機電力のことまで細かく口出しする美咲。続けて美咲は、銀行もネットバンキングにした方が得だと言うと、期日が迫っているマンションの更新手続きもやっておくと葉月に告げる。

別の日、葉月は、手引書に従ってネットバンクの登録をする。が、そこで葉月は、口座から100万円が引き出されていることに気づき・・・。

FODプレミアムより引用

第5話
暴かれたヒミツ!?

あらすじ

美咲(石原さとみ)が紛失し慌てていたのは、母子手帳だった。同じ頃、葉月(松下奈緒)の部屋でその母子手帳を偶然見つけた宗一郎(田辺誠一)は顔色を変え、葉月を置いて帰ってしまう。

慌てた美咲が永人(岩田剛典)のトレーラーハウスを飛び出すと、宗一郎が現れ、誰の子どもなのか、と問い詰める。美咲は、とっさに永人の子どもだと返すが、そこに、何も知らない永人が帰ってきてしまう。美咲はその場をしのぐために永人に・・・。

一方、宗一郎が突然帰ってしまったことにショックを受けた葉月は、彼に好きな相手がいることを察する。自分も陽平(平山浩行)に対して同じことをしてしまった、と反省した葉月は、APPLESEEDの農場を訪れて陽平に謝ると、もう宗一郎のことは諦めると告げるが・・・。

そして週末、永人のスケートボードの大会がやってきた。久しぶりの出場、そして優勝候補と言われ、気合十分でウォーミングアップする永人。そこに宗一郎が激励の差し入れを持ってくる。てっきり美咲と永人が付き合っていると思い「二人を邪魔する気はない」と言う宗一郎に、永人は「自分と美咲は付き合っていない」と断りを入れる。その言葉に混乱した宗一郎は思わず永人に衝撃の事実を告げてしまう・・・。

FODプレミアムより引用

第6話
心も体もハダカに

あらすじ

美咲(石原さとみ)は、現在妊娠15週目で、子どもの父親は宗一郎(田辺誠一)だと永人(岩田剛典)に告白した。さらに美咲は、もうひとつ話しておきたいことがある、と続け、自身に関するある秘密を打ち明ける・・・。

一方、葉月(松下奈緒)は、陽平(平山浩行)からアプローチを受けていた。一緒に畑仕事をしたことや、料理を教えてもらったことを親友の和子(森カンナ)に報告する。

別の日、美咲は、永人を誘って両親学級に参加する。楽しそうに沐浴(もくよく)指導や沐浴(もくよく)後のお手入れ指導を受けるふたり。帰り道、永人は、転んだら大変だから、と言って美咲に手を差し出した。美咲は、その手を握り、彼と手をつないで歩きだす。

大ゲンカをして以来、美咲と葉月はまだどこかぎくしゃくしたままの状態が続いていたが、そんな折、美咲の提案で葉月・七重(片平なぎさ)と毎年家族旅行していた熱海に行くことになった。さらにこれも美咲の提案で永人のみならず、陽平も誘おうという話になり慌てる葉月だったが、逆に七重に陽平が新しい彼氏だと誤解される始末。

そして旅行当日。美咲と葉月が玄関を開けると、そこには永人と・・・陽平。したり顔の美咲を思いっきりつねる葉月。結局5人で熱海に向い、早速浴衣に着替え、露天風呂に行こうと舞い上がる一同だったが・・・。

FODプレミアムより引用

第7話
命がけの愛情

あらすじ

美咲(石原さとみ)の前に現れた宗一郎(田辺誠一)が、お腹の子どものDNA鑑定を要求してきた。宗一郎は「もし自分の子なら一緒に育てたい」と美咲に告げる。

一方、葉月(松下奈緒)は陽平(平山浩行)からプロポーズされて・・・。

そして、宗一郎に迫られた美咲は、永人(岩田剛典)に相談する。頼ってばっかりで恐縮する美咲に、永人は「俺は美咲にとって唯一無二の存在になるって決めたから」と力強く宣言、弁護士の友人に連絡を取りつける。

後日、美咲と永人は、永人の友人の弁護士を訪ね、親権についての助言を受ける。美咲の「母親が死んだ場合はどうなるのか」という質問に、不安を抱く永人。

その夜、美咲が帰宅すると、そこにはなんと宗一郎の姿が・・・。そして葉月は、宗一郎から美咲の妊娠を聞かされていた・・・。

FODプレミアムより引用

第8話
秘密のラブレター

あらすじ

美咲(石原さとみ)は、永人(岩田剛典)のトレーラーハウス内で高熱を出して倒れてしまう。スケートボードの練習を終えて帰宅した永人は、倒れている美咲の姿に気付き驚いて・・・。

一方、美咲の姉・葉月(松下奈緒)は、ドレスデザイナーになる夢を実現させるため、大手メーカーの面接を次々と受ける。結果は全て不採用。しかし、めげずに就職活動を続けた葉月は、やがて小さなドレス工房に仮採用される。そんな葉月のもとに、陽平(平山浩行)の姉・香織(堀内敬子)が訪ねてきて・・・。

ある日、葉月が家に戻ると、テーブルの上に美咲からの置き手紙が残されていることに気付く。そして、いつまでたっても音沙汰のない美咲が心配になり、葉月は美咲を探しに行くことにする・・・。

FODプレミアムより引用

第9話
最後の約束

あらすじ

美咲(石原さとみ)は産婦人科へ健診に行く。次は性別がわかるかも、と聞いていたことを思い出した永人(岩田剛典)は、「一緒に行く」と言って大慌てで支度する。性別がわかると子どもの名前を考え始める気が早い永人。そして、「今度の大会で優勝したら・・・」と言いかけるが・・・。

宗一郎(田辺誠一)は、別れた妻の貴子(音月桂)と会っていた。美咲が妊娠したことを知った貴子は、「自分の人生はあの子のせいで全てが狂った」と憤る。

一方、葉月(松下奈緒)は、クビになったドレス工房「RYO」の展示会に招待される。ひとりで行く勇気がない葉月は、陽平(平山浩行)を誘う。会場には「RYO」オーナー兼デザイナーの柴田亮(鈴木一真)もいて、そこで葉月は、意外なものを目にする。

そんな中、永人が出場するスケートボードの大会が開かれる。応援に駆け付けた美咲だったが、その背後には怪しい人影があり・・・。

FODプレミアムより引用

第10話
星に願いを

あらすじ

美咲(石原さとみ)は、永人(岩田剛典)からプロポーズされた。荷物を取りに来た際に偶然話を聞いてしまった葉月(松下奈緒)は、永人に返事はしたのか、と美咲に尋ねる。しかし美咲は、いろいろなことが起こりすぎて永人のことをどう思っているのか、自分自身でもわからない、と答え・・・。

そんな折、永人は美咲にプロポーズのことを再度切り出そうとするが、永人と宗一郎(田辺誠一)の父・永一郎(清水紘治)の突然の訪問を受けてしまう。事情を知った永一郎は、「息子の人生を考えたら、親としてこんな結婚は認めるわけにはいかない」と怒り、美咲を追い返してしまい・・・。

そして、出産予定日まで1カ月を切った4月のある夜、無事に産んでほしいという葉月と七重(片平なぎさ)の願いもむなしく、美咲の容体が急変してしまう。ストレッチャーに乗せられ手術室に運ばれる道中で、美咲は、葉月に対し「もしものときはお願いね・・・」と後を託し・・・。

FODプレミアムより引用

『ディア・シスター』の番組情報

『ディア・シスター』ってどんなストーリー?

性格も生き方も全く違う姉妹。自由奔放で天真爛漫な妹・美咲(石原さとみさん)と真面目で不器用な姉・葉月(松下奈緒さん)が傷つけ合いながらもお互いに足りない部分を補い合って生きていく、ちょっと切ないラブコメディーです。

自分にないものをすべて持っている妹を羨ましく思い、節目節目で邪魔をする妹を疎ましく思い・・・ 妹の行動はすべて姉の幸せのため・・・ それに気づいたときすでに妹は・・・

三角関係どころか多角関係に絡み合う恋愛模様、姉妹の絆と単純に語れない、それぞれの幸せを探る物語です。

『ディア・シスター』の放送情報

放送局放送時間放送開始日
FODプレミアム

『ディア・シスター』のスタッフ情報

【脚本】
中谷まゆみ
【プロデュース】
中野利幸
【演出】
田中亮、平野眞、関野宗紀
【主題歌】
シェネル「Happiness」
【制作】
フジテレビドラマ制作センター

『ディア・シスター』のキャスト一覧

深沢美咲(27):石原さとみ
男性関係にだらしがなく、部屋も乱雑に散らかり放題で片づけるのが苦手。姉の人生の節目をことごとく潰して来たが、今回もある目的を達成するために何年も会っていなかった姉の家に転がり込む。
深沢葉月(29):松下奈緒
物事を計画的に進めることに優れており、几帳面な性格。子供時代から今まで妹が起こす騒動に巻き込まれきたが、今回もトラブルメーカーな妹が現れたことで平穏な暮らしが一変する。
櫻庭永人(27):岩田剛典
美咲の親友。美咲はゲイだと思っていたが、美咲と良好な友情関係を築くための嘘だった。
櫻庭宗一郎(42):田辺誠一
秀光ゼミナール講師。葉月の高校時代の元担任教師。当時、美咲との外泊騒ぎを起こしたのが学校側やPTAなどの保護者にばれて、勤めていた高校を辞職しなければならなくなった。その後、静岡で塾講師として働いていたが、人事異動により東京へ戻って来る。
佐藤和子(30):森矢カンナ
葉月の親友。
深沢七重:片平なぎさ
葉月・美咲の母。
区役所
吉村達也(30):平岡祐太
葉月の元婚約者。健康保険課職員。美咲の影響で葉月との関係が破たんする。
平安尚子(32):MEGUMI
葉月の同僚。口を開く度に気に障ることを葉月に言い、彼女を困らせて楽しんでいる。
APPLESEED
萩原陽平(36):平山浩行
店長。ランチで訪れる常連客の葉月がお気に入り。
上杉香織(40):堀内敬子
陽平の姉。既婚者で3人の息子を育てながら仕事をしている。

-2014年, クールドラマ
-,

画像の右クリックは禁止してます

© 2020 alsace cinemas